当事務所の特徴

当事務所の特徴についてご紹介します。

十分な実績

当事務所では、年間20件以上の農地転用・ソーラーシェアリング実績があるため、自治体によって異なる対応となる農地法許可に対して十分かつ丁寧な対応が可能です。

まだ全国での実例の少ないソーラーシェアリングに関しても、南は熊本県から北は岩手県まで全国規模にて実績があるため、安心してお任せいただけます。

あまり経験のない事務所へ依頼した場合、転用許可のみを取得し、いざ施工の段階になって未取得の手続きがあったために着工が出来なかった、という事例もあります。

当事務所の場合は周辺法令も全て確認した上で、工事が完了する段階まで見据えたサポートが可能ですので、後になって「これも必要だった、あれもやらなければならない」といった事態は起こりません。

事前に把握できる、明確な料金

農地転用許可申請を行うためには100枚以上の書類が必要となることが少なくありませんが、その中で「〇〇への申請が受理されたことの分かる書類」等が含まれることがあります。

農地転用許可申請を行う前段階で、森林伐採のための伐採届であったり、埋蔵文化財包蔵地の照会だったりという手続きが必要となることも、実は少なくないのです。
農地転用許可申請の費用が安いから、と依頼したのに、後になってこの申請も必要だから費用が上がってしまった、という声を聞くこともありました。

そのような事態とならないよう、当事務所では「許可を取得するまで」ではなく、「転用後の事業(又は目的)がスタートできるまで」の手続き・流れを事前に確認し、何にどれくらいの費用が掛かるのかを明確に見積書にて提示しています。
その見積書をご覧いただいたうえで、どの部分をお任せいただくのか、しっかりとしたヒアリングを行った上で受注しておりますため、お得意様となられる企業様が大変多くなっております。

全て代表が対応

大手事務所だと、ご依頼の成約までは代表が行い、そこから先の書類作成や準備は全てパートの方や新米行政書士が行う、ということが少なくありません。

当事務所の場合、最初のお問い合わせから許可取得、その後の工事進捗や完了まで、全て代表が一手にお受けしておりますため、「この担当だと不安……」といった状況はありません。

また、業務の質を落とさないために一度にお受けする案件数を限っている関係もあり、多忙にて対応が遅れる、という事態もありません。

メールであれば24時間、お電話も平日であればお受けできますので、ちょっとした疑問やご相談も、その場ですぐに解消できます。

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受付しております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

04-7197-1783
受付時間
9:00~19:00
定休日
日曜・祝日

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ・ご相談

04-7197-1783

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お役立ち情報のご案内

おすすめコンテンツ
お役立ち情報をご提供しています。ぜひご一読ください。
農地転用とは
農地転用を行政書士に相談するメリット
農地転用にかかる費用相場
サービスの流れ
よくあるご質問