営農型発電設備の下部の農地における農作物の状況報告のリアル

本報告書の申請は、申請書類自体は少ないのですが、写真や所見欄など、事前に準備が必要となるといったところが特徴です。

秋口に収穫する作物の状況報告の場合には、そのタイミングで写真を撮っておかなければなりませんし、納品書を求められる自治体の場合にはその納品書に記載された収穫量と、申請書の収穫量を一致させる必要があります。

この状況報告で、収穫量が周辺地域の平均単収の8割を切るケースや、品質に問題があるケースなどがあると、その都度改善措置を求められ、その改善が見込めない場合には次回の再申請が不許可となる可能性が強まります。

ソーラーシェアリングを続ける間は毎年必要となる申請ですので、早めにしっかり準備をして、営農が順調であると示していけるようにしましょう。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

TOP